MENU

喉押さえマンが心配!喉の病気の危険性に医師の診断は?

レパートリーが200を超える、声まねタレントの喉押さえマンさん。

主にアニメのキャラクターの声まねを得意とし、変幻自在に声を操る様はまさに神業。

しかし、喉を物理的に押さえて声を変化させるスタイルなので、喉に負担はないのか心配にもなります。

あんなに押さえて、喉の病気にならないのでしょうか。

咽押さえマンが病気になる危険性はないのか、調べてみました。

目次

咽を押さえて病気にならないの?

喉を押さえることで病気になるのかどうか。

物理的に押さえているので、もちろん負担がかかれば病気の危険性はあります。

喉を強く打ったりすると、血腫ができたり、骨折もします。

その場合、声が出にくくなったり、痛みがあったり、酷いときには呼吸ができなくなったりもします。

しかし、喉抑えマンさんは痛みを感じるほどは押さえてないようですので、すぐに病気になるかといわれるとそんなことはないでしょう。

ただし、ずっと喉を押さえるスタイルで活動されているので、やっぱり負担は気になりますね。

医師の診断あり

ご本人も危険性を感じてはいるようです。

病院で診察してもらい、問題ないことを確認されています。

声まねタレントなので、さすがに喉のケアはされているでしょう。

これからも定期的に診て貰って欲しいですね。

なぜ喉を押さえているの?

喉抑えマンさんは、声まねをするときになぜ喉を押さえているのでしょうか。

それは喉仏を上下させるためだそうです。

喉仏を上にすると高音が、下にすると低音がでるそうです。

これは物理的に考えても正しくですね。

喉仏が上がれば、喉が狭くなるので声が細くなり、高音が出やすくなります。

逆に喉仏を下げて、喉の空間を広くすれば低音が出やすくなります。

ただし、これはあくまで物理的なことなので、喉仏を下げても高音は出ます。

むしろ声が太くなるので、喉仏を下げて高音を出す方がよいとされます。

喉押さえマンさんは、自己流で声まねの練習をするうちに、喉を押さえるスタイルに行き着いたようです。

喉を押さえている影響かどうかは不明ですが、痛いときもあるようです。

まとめ:喉押さえマンに病気の危険性は?

喉押さえマンさんが喉を押さえることで、今すぐ病気の危険性があるとは言えないという結論です。

病院でも診て貰っているようですので、まずは大丈夫でしょう。

今後も喉をいたわりながら、長く活躍をしてほしいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる