MENU

日傘は白と黒の涼しいのはどっちがいい?効果的な色選び

日傘の色で効果が違う?

チェックする項目がありますよ

目次

日傘は白と黒で効果が違う?

黒い日傘は光を吸収し、紫外線をカットします。
100%紫外線を吸収するわけではありませんが、白い日傘よりもカット率が高いと言われています。
また、黒い日傘は傘の中で反射した紫外線も吸収するので、日焼け対策を考えると、白い日傘より黒い日傘の方が優れています。
黒い日傘は紫外線だけでなく赤外線も吸収してしまうため、傘が熱くなり、暑さ対策には不向きです。
白い日傘は光を反射し、紫外線をカットします。
日傘の繊維の隙間から入る紫外線もあるので、日焼け対策で白い日傘を持つ場合は、生地にUVカット加工やコーティング加工がされているかどうかが重要です。
加工された生地であれば、白も黒と同じ効果を発揮します。
色の性質を考えると、日焼け対策には黒い日傘、暑さ対策には白い日傘が適していますが、日傘の素材は年々新開発されており、色に関係なく日焼け対策と暑さ対策ができる優れた日傘が続々と登場していますよ。

チェックする項目

・紫外線遮蔽率(UVカット率)

・遮光率

・重量

・自動開閉かどうか

・耐風性

・晴雨兼用かどうか

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる